残酷な脇脱毛が支配する
*
ホーム > 生活 > 債務整理を行う際の心構え

債務整理を行う際の心構え

書籍の宣伝、電柱に見られる宣伝チラシや郵便広告で「負債の合理化します」「多重債務をまとめませんか」という内容の売り文句を読むことがよくあります。

これらは、「整頓人」「買取屋」「つなぎ業者」という名称の悪徳会社の詐欺広告の場合もあるということです。

これらを頼んだときには自己破産申し立て手続きの中で最も重要な免責許諾を手に入れられなくなるパターンもあります。

「整理業者」の場合、ダイレクトメールなどで借金を抱える人は引きつけ高い料金を取り債務整理を行うのですが結局は債務整頓は行われず、負債者はさらに債務スパイラルに陥ってしまうことがほとんどと言えます。

「買取専門屋」の場合、債務人のローンで家電製品、電車の券を大量に購入させて借金者からそれらの物品を定価の3割や額面半額で買い上げるという方法をとっています。

借金者はそのときはお金が懐に入りますが、まもなくクレジット企業経由の品物の全額の支払いがくることになり、実際のところ借金額を増やす結果になります。

この場合だとクレジットカード企業へ詐欺に当たるとされて免責許可をもらえなくなります。

「紹介業者」とは、大企業の貸金業者から断られる債務者に対し、業者としては資金提供は全くせずに、金貸しを可能な関係無い店を教えて、高い手数料を要求する悪徳業者です。

直接の手引きで融資可能になったというようにしゃべりますが現実には何もしないで、ただ単に選考の甘めの会社を教えているだけなのです。

このケースも結局は債務を重ねる結果となります。

関連記事

自動車を安く買うにはカーズゴーゴー
中古車を購入することには不安を感じてるあなた、、特に中古車オークション代行業者な...
ハウスクリーニングサービスについて
毎日こまめに掃除をしているつもりでも、家の中というのはいつの間にか汚れがたまって...
債務整理を行う際の心構え
書籍の宣伝、電柱に見られる宣伝チラシや郵便広告で「負債の合理化します」「多重債務...